HOME > よくある症状の解説 > 姿勢・ カラダのバランス

よくある症状の解説

よくある症状の解説
  • 頭・顔・首
  •   
  • 肩・腕
  • 腰・背中・胸
  • 臀部・脚
  • 全体・自律神経系
  • 姿勢・身体の歪み
  • 産前・産後のケア

姿勢・カラダのバランス

姿勢が気になる・ カラダのバランス ・左右の肩の高さが違う・猫背だといわれる
「姿勢が悪い」「体が歪んでいる」などと注意された事はありませんか? 左右の肩の高さや筋肉の付き方、関節の固さの違いが気になるようであれば、体に何らかの左右差が存在すると思われます。
詳しく見る
また、スーツが着こなせないと感じたり、自分の姿勢に自信がない方には猫背の人も多いようです。 悪い姿勢も長い間のクセになると、筋肉を引っ張ったり縮めたりして骨格を歪ませてしまいます。歪んだ体は血流が悪くなり、肩こり、腰痛、頭痛、手足のシビレ、体のだるさなど様々な不調を引き起こします。
骨盤の歪み・左右の脚の長さが違う骨盤は両脚の大腿骨の上に乗り、その上に乗る背骨と頭を支える土台の役割をしています。 土台である骨盤が歪むと、重い頭を支える為に、背骨が無理にバランスをとろうとして歪みが生じ、体に過剰な負担がかかってきます。
詳しく見る
次に当てはまる方は、骨盤が歪んでいるかもしれません。
  • どちらかの脚の付け根が痛む
  • 左右の脚の長さが違う気がする
  • 下腹がポッコリと出ている
  • 腰周りが横に広がっている気がする
  • 写真に写るとどちらかの肩が下がっている
骨盤が歪む原因としては、普段から左右の片脚にばかり重心を置くクセや、座っている時間や前かがみになる時間が長いことなどが考えられます。
O脚足を揃えてまっすぐ立った時に、膝の間に隙間がある状態がO脚と呼ばれています。 O脚には、先天性で矯正できない「構造的O脚」と、普段の姿勢、歩き方のクセが原因の「姿勢的O脚」があります。
詳しく見る
姿勢的O脚は、膝のお皿が内向きになって膝の裏がつっぱることでおこり、外側にばかり体重をかけているため、脚の内側の筋力は低下します。また、脚の付け根の筋肉を縮め、骨盤を引っ張って前傾させてしまいます。 そのためO脚は見た目だけでなく、体にも以下のように様々な不調をおこすことがあります。
  • 脚の付け根が痛む。
  • 脚の血流が悪くなり、冷えたりむくみやすくなる。
  • 骨盤を前傾させ、歪みの原因になる。
  • 将来的に、変形性の関節症になりやすい。