HOME > よくある症状の解説 > 産前・産後のケア

よくある症状の解説

よくある症状の解説
  • 頭・顔・首
  •   
  • 肩・腕
  • 腰・背中・胸
  • 臀部・脚
  • 全体・自律神経系
  • 姿勢・身体の歪み
  • 産前・産後のケア

産前・産後のケア

妊娠中の腰痛・体の違和感

妊娠中は日々体が変化していきます。お腹がどんどん大きくなるために体の重心がズレていくだけではなく、体内のホルモンバランスの変化が自律神経のバランスも崩します。

詳しく見る

妊娠5ヶ月ともなると、お腹が急に大きくなるため、腹筋の筋力が衰え、お腹を前にせり出した姿勢(そり腰・骨盤の前傾)になりがちです。これは腰痛の原因となるとともに、脚の付け根が圧迫され、脚のムクミや付け根の痛み、こむらがえりに発展します。

産後の骨盤ケア(産後の骨盤のゆがみ・足のむくみ)

妊娠によって、お母さんの姿勢はアンバランスになります。 そのため体が歪み、出産後にも歪みによる腰痛や脚のむくみなどの症状が残ります。 またその後の育児も、肩こり・手首の腱鞘炎・ストレスや疲れなど、体に多大な影響をあたえます。

詳しく見る

妊娠5ヶ月ともなると、お腹が急に大きくなるため、腹筋の筋力が衰え、お腹を前にせり出した姿勢(そり腰・骨盤の前傾)になりがちです。これは腰痛の原因となるとともに、脚の付け根が圧迫され、脚のムクミや付け根の痛み、こむらがえりに発展します。